【観光】長崎空港付近 ガラスの砂浜

更新日
2021.09.17
情報提供
ANA長崎
※最新の情報とは異なる場合があります。ご了承ください。
長崎空港付近 ガラスの砂浜

長崎空港がある大村市の観光スポットをご紹介します。

長崎空港から車で5分ほどで行ける「ガラスの砂浜」をご存知でしょうか?
この砂浜は、森園公園のそばにあり、砂の代わりにガラスを敷き詰めて造られています。緑や黄、青など色とりどりのガラスが使用されており、日が当たるとキラキラと輝くためインスタ映えスポットとしても人気です。また、全てのガラスは角を丸く削られているためケガの心配がありません。

廃材ガラスで作られた砂と夕日

実は、もともとこの砂浜は、アオサが増えた影響で悪臭が漂い、誰も寄り付かない場所だったそうです。2016年に長崎県と大村市が、大村湾の水質改善のために海水を浄化してくれるアサリの住処を作ろうという計画で、廃材ガラス瓶から作られた”ガラス再生砂”を敷きました。廃材の活用、海水の浄化は、SDGs「14 海の豊かさを守ろう」にもつながる素敵な取り組みですね。

キラキラ光るガラスの砂は、昼間の青い空や海と一緒に映すのも、夕方のオレンジの夕日をバックに映すのも、どちらもオススメです。

キラキラと輝くガラスの砂と夕日
ガラスの砂浜付近 空の景色

アクセス:長崎空港から車で約5分
住所:長崎県大村市森園町148