【しまメシ🍚】磯ガキの炊き込みご飯(新上五島町)/うま味ぎゅっと濃縮 深い味わい

更新日
2024.02.28
情報提供
長崎新聞
※最新の情報とは異なる場合があります。ご了承ください。
磯ガキの炊き込みご飯(左)、磯ガキとアオサのみそ汁

長崎県は島の数が日本一!そんな長崎県内の島々で食べられているちょっと珍しいグルメをご紹介します。ぜひ一度現地にでかけてご賞味ください。

新上五島町で天然のカキ「磯ガキ」がおいしい季節になった。うま味が小粒の身に、ぎゅっと濃縮され、味わい深い。岩場に張り付いた磯ガキの収穫は4月ごろまで続く。

生をぽん酢などで食べてもおいしいが、炊き込みご飯にすると格別だ。アオサと磯ガキのみそ汁を添えたら、磯の香りがふんだんに漂う絶品の“しまメシ”が完成する。

おいしさを知り尽くしているのは、磯ガキ採りに熟練した宿ノ浦郷の漁師。炊き込みご飯は「酒、みりん、塩で味付け。彩りなどでニンジンなどを入れたくなるかもしれないが、具材は磯ガキのみ。このシンプルさがおいしさを引き出す。一番のおすすめポイント」という。

炊き上がったら、表面にある磯ガキをつぶさないように、さっくりとやさしく混ぜ合わせる。「(口にすると)春が近づいているんだなと感じる。この時季だけの大切な味わい」と地元の漁師さんはほほ笑んだ。


そのほかのグルメ記事

2022秋 長崎空港グルメまとめ

長崎空港グルメまとめ

長崎県の空の窓口「長崎空港」で食べられるグルメ情報を一挙にご紹介!観光や出張で訪れる長崎県外の方はもちろん、長崎県民の皆さんにもおすすめの記事です。

記事を見る

いち望定食

週末は行列必至!軍艦島を一望できる「お食事処 いち望」の絶品ランチ

長崎市南部の野母崎に向かう途中のお食事処でいただける、刺し身に天ぷら、日替わりの小鉢と盛りだくさんの人気No1の定食をご紹介します。

≫記事を見る