【空中散歩】対馬・和多都美神社と気嵐

更新日
2021.11.15
情報提供
長崎新聞
※最新の情報とは異なる場合があります。ご了承ください。
対馬の和多都美神社の本殿正面に立つ2つの鳥居に気嵐が重なった幻想的な風景。

 長崎県の対馬では、海水温が大気温より高い晩秋から冬にかけて、気嵐(けあらし)と呼ばれる蒸気霧を見ることができる。

 日本書紀や古事記に登場する彦火火出見尊(ひこほほでみのみこと)と豊玉姫命(とよたまひめのみこと)の夫婦神が祀られている和多都美神社を撮影しに行った際に偶然、この気嵐が発生。

 本殿正面の海中に立つ2つ鳥居に気嵐が重なった幻想的な風景に神話時代が偲ばれる。

 神秘的な風景となった和多都美神社と気嵐をドローンの空撮映像でお楽しみください。