【空中散歩】玄界灘や壱岐、対馬などを見渡す景勝地・平戸市川内峠

更新日
2022.01.05
情報提供
長崎新聞
※最新の情報とは異なる場合があります。ご了承ください。
大正、昭和期の歌人もその景観をたたえた川内峠一帯。北側には平戸のシンボル、平戸大橋や平戸城も望める=平戸市

平戸市の観光シンボル、平戸大橋から約5キロの標高約260メートルの丘陵に約30ヘクタールの草原が広がる。北九十九島、五島列島北部、壱岐島などの島々が浮かぶ海原と、平戸島の山並みのコントラストを望むことができる。春はツツジが咲き誇り、秋はススキが一帯を覆う。

「山きよく海うるはしとたたえつつ旅人われや平戸よくみむ」。大正、昭和期を代表する歌人、吉井勇が絶景をこう詠んだ。峠の駐車場にその歌碑がある。

かやぶきの住宅が一般的だったかつて、屋根のふき替えに欠かせないカヤの産地だった峠一帯。農耕牛の放牧場でもあり、麓の農家が連れてきた牛が朝から夕方まで放されていた。

峠では毎年2月、野焼きがあり、春を告げる炎に包まれる。防火や若草の育成のため、周辺の木引町、大野町、大山町、川内町の住民や消防団員ら百数十人が取り組む伝統の行事だ。

目の前で燃え盛る炎をカメラに収める女性

川内峠で2月に行われる野焼きは春の訪れを告げる風物詩。パチパチと音を立てて炎が燃え広がる景観はまさに圧巻です。続きを読む