【グルメ】日本一を受賞した「そのぎ茶」を味わえるカフェ!

更新日
2022.01.07
情報提供
ANA長崎
※最新の情報とは異なる場合があります。ご了承ください。

長崎の「そのぎ茶」をご存知でしょうか?そのぎ茶は大村湾に面したのどかな場所である東彼杵(ひがしそのぎ)町で栽培されており、なんと第71・72・73回全国茶品評会にて「農林水産大臣賞」「産地賞」の日本一をW受賞し、三連覇を達成しているのです!!!

今回はそんなそのぎ茶を味わえる「Sorrisoriso 千綿第三瀬戸米倉庫」をご紹介します。この場所は、もともと取り壊し寸前の倉庫でしたが、地域活性化を目的に倉庫をリノベーションしてお店をオープンさせています。以前ご紹介した「千綿駅」から徒歩10分程の場所にありますので、千綿駅と合わせて訪問されるのがおすすめです!

千綿駅 駅舎の窓からのぞく空

【観光】海が見渡せる駅!「千綿駅」

「18時16分 小さな改札をくぐった。大きな夕日が迎えてくれた。」のキャッチコピーで、『青春18きっぷ』のポスターに起用された千綿駅。続きを読む

Sorrisorisoの中には、「Tsubame Coffee」と「くじらの髭」というお店があります。

ソリッソリッソ外観
ソリッソリッソ フリースペース

①Tsubame Coffee

こちらではそのぎ茶を使ったフラッペやラテを味わうことができます。そのぎ茶を使った緑茶のフラッペは、よくある抹茶のフラッペとはまた違い、さっぱり爽やかな味わいが特徴的です! お店の名前には、巣立った場所に戻る習性があるツバメのように、東彼杵町の方や他の地域からこの場所を訪れた方がまたここに帰ってきてくれますように、という思いが込められているそうです。

カップには可愛いツバメが。この場所を訪れた人がまた帰ってきてくれますように、という思いが込められているそうです。
そのぎ茶を使用したフラッペ
そのぎ茶を使った緑茶フラッペ。さっぱり爽やかな味わいです。
ツバメコーヒーの店内

②くじらの髭

こちらはそのぎ茶のセレクトショップです。「唐箕下」「碾棒」「玉緑茶」「白折」という茶葉の部位や焙煎方法が異なる4種類のそのぎほうじ茶など、いくつかの種類からお好みに合わせてご購入可能です! ミニサイズも販売されているので、香り・甘み・渋みなどの特徴が異なるそれぞれの味を飲み比べてみたい方にもぴったりです♪

くじらの髭 入口
くじらの髭で販売されているほうじ茶

アクセス:長崎空港から車で約30分/千綿駅から徒歩で約10分

営業時間:10:00~18:00(※火・水は定休日)

住所:長崎県東彼杵郡東彼杵町瀬戸郷1303-1